カテゴリ一覧 > プロフィール



今から約30年前、歴史ファンはどこか“年寄り臭い”とか“根暗”というイメージを持たれていました。戦後教育の影響で、自国の歴史に目を背け、アイデンティティを育むことができない状況から、日本文化はどこかダサいというイメージだったと思います。

好きなお城や博物館に行っても、お土産として欲しいと思うモノが無い……。
結局、お饅頭などを買って帰る日々でした。
何が足りないのか?
悶々とした日々を変えたのは、9.11同時多発テロの事件でした。
テロは卑劣な手段である。
その前提にたって、ただ欧米主体であった正義が崩れ、世界はお互いを認め合う段階へ進んだことを感じ、いずれ日本も独自の文化が見直される時代がくると確信したのです。


「無ければ作ろう!」
「歴史ファンが納得する、世間の人々も凄い!と感じるような活動にしたい」
というのが始まりでした。
そして生まれたのが「戦国美」という概念で、強さ、儚さ、美しさをテーマにした普段使える、スタイリッシュでどこか可愛いグッズという方向性が生まれました。
また、同時に当時、地元青年会議所活動で学んだ地域活性化の方法を歴史分野に活かすことで、各自治体がもっと歴史を活かした事業が展開できるのではないかと考えたのです。

グッズ、イベント、デザイン、アート、ゲーム、音楽、それぞれのコンテンツやグッズは全て戦国魂から生まれた他方面へのクリエイトであり、それらが「戦国魂の世界」なのです。

「戦国魂」は今後も、あっと驚くような戦国美の提唱を軸に、常に最前線を引っ張る存在であり続けたいと考えています。


■プロデュース及び出演、イベント企画運営等
【行政・城郭関係】
小田原市、上田市、彦根市、京都市、大阪市、松江市、安来市など36都道府県市町村

【団体その他催事】
NHK、JR東西、NEXO、電通、博報堂、JTB、三越伊勢丹、大丸、阪急阪神など22社

【版権関係】スクウェア・エニックス、コーエーテクモゲームス、カプコン、DMM、日本アニメーション東映、ANIPLEXなど多数


■沿革・実績(一部抜粋)
2000年 WEB制作個人事業主
2003年 事業法人化、IT100選優秀企業賞受賞
2005年 戦国魂プロジェクト設立
2007年 太秦戦国祭りプロデュース(全7回)
   ⇒京都店、代官山店オープン
2012年 東京ソラマチ店へ移転
2013年 浜松徳川家康公顕彰400年事業
2014年 天王寺真田幸村博プロデュース(全4回)
2015年 大坂ノ陣合戦祭りプロデュース
2016年 NHK大河ドラマ真田丸事業(計12回)
2017年 お城EXPOエンタメプロデュース
2018年 墨絵師「御歌頭」プロデュース⇒世界5ヵ国公演
2018年 北条早雲公顕彰五百年プロデュース(2019年まで)
2019年 版権事業部設立(東京市ヶ谷事務所開設)
2020年 現在に至る