カテゴリ一覧 > アクセサリー > 戦国dot魂『しまづよしひろ』★武将キャラスタンド

戦国dot魂『しまづよしひろ』★武将キャラスタンド

昔懐かしいドット絵で、戦国武将が登場!

8bitの時代にはドット絵職人と呼ばれるようなグラフィックデザイナーがおり、限られたピクセルの中でいかにそのキャラクターの雰囲気を醸し出すかという事を競っていました。

今となってはノスタルジックなドット絵ですが、そのシンプルさと愛らしさはCOOLJAPANに通じるものがあると思います。

■島津義弘
島津貴久の次男で、朝鮮出兵では「鬼石曼子」と恐れられた名将。
祖父・島津忠良から「雄武英略をもって他に傑出する」と評されている。

島津家の中では中央情勢に詳しく、上方にいる場合も多かった。
関ヶ原では当初東軍に着くはずが、島津本国において不穏な動きがあったため援軍を出して貰えず、僅かな兵と共に西軍に従わざるを得なかったとも言われているが、島津家の危機を救った石田三成への恩義を示したとも言われている。

東軍を夜襲する提案をしていたが採用されず、関ヶ原当日は周囲との連携は無視し自軍に掛かる火の粉を払うように迎撃ばかりを繰り返す。
正午、小早川秀秋が裏切ったため西軍が崩れ、戦線が崩壊してから、前代未聞の前進撤退を決意。
東軍家康本陣の傍をすり抜け、甥の島津豊久らの戦死と引き換えになんとか伊勢街道へ逃れると、僅かな供回りと共に薩摩へ辿りついた。

大坂からの船旅では、同じく撤退してきた立花宗茂の一団に遭遇。
宗茂は仇であるはずの義弘に対して、呉越同舟が如く振る舞い、義弘は武将としての器に惚れ込んだ。
薩摩に着いた後、宗茂が九州の諸大名に攻められると、義弘は独断で援軍を出すつもりでいたが、間に合わず、宗茂は家臣らの奮戦虚しく降伏、改易となった。

晩年は薩摩の若武者を育てることに専念。それは多くの戦場に若者を出陣させて尚、生き残った義弘にとって、一つの慰めでもあった。




■アクリルキャラスタンドの楽しみ方

・仕事場やお部屋の机などに置物として!
・武将数を集めれば陣立ても楽しめる!
・柵や矢楯などを置けば戦場の雰囲気も!

戦国dot魂『しまづよしひろ』★武将キャラスタンド

商品番号 acc-dot_yoshihiro

価格400円(消費税込:432円)

[4ポイント進呈 ]

数量





商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

その他オススメの人気商品はこちら!

ブックマーカーセット

価格 463円(消費税込:500円)


戦国魂ノ朱印帳

価格 3,200円(消費税込:3,456円)



水玉陣羽織柄フラットポーチ

価格 1,200円(消費税込:1,296円)

人気の伊達政宗の陣羽織柄


戦国魂コンシェルジュトートバック 『双紋鍔袋』

価格 2,980円(消費税込:3,218円)

選択肢が増えて、オリジナル感アップのトートバック


スクエア ピンバッチ

価格 800円(消費税込:864円)

戦国魂だからできる豊富なラインナップのシンプルなピンバッチ
期間限定で、カラーバージョンも作成します



新撰組 刀剣アクリルキーホルダー

価格 1,200円(消費税込:1,296円)



甲冑護符〜戦国鎧袖伝〜

価格 3,700円(消費税込:3,996円)